« 2011年7月 | メイン | 2011年9月 »

2011-08-31

初秋

8月のおわり。

P82602872

雲の切れ間に青空が覗き、
川土手にはキバナコスモスが咲き揃いました。

お盆を過ぎると、涼しくなって過ごしやすくなるのですが。。。

今年はまだまだ暑い日が続いています。

ふと見上げると、空が高くなったことに気付きました。

陽射しは暑くても、秋に近付いているんだなぁ。

2011-08-29

第36回 湯布院映画祭が終わりました。

24日(水)から始まった今年の映画祭も、
5日間のプログラムを無事に終え、昨日終了いたしました。

初日は少し雨が降りましたが、2日目からは眩しい太陽に恵まれ
夜は綺麗な星空が一面に広がりました。

P82803372

最終日の昨日は、クアージュゆふいんでのパーティ。
会場には、「ゆふいん料理研究会」の方々の料理が並びました。

Dsc017772

お宿の垣根を越えて、
大勢の料理人さんが集まって料理を振る舞います。

この光景は、ちょっと不思議。
白衣には、それぞれのお宿の名前が刺繍されていて、
一度にいろんなお宿さんに来た気分。

Dsc017662

料理研究だけではなく、イベントにも参加してくださり、
食を通した町づくり活動をされています。

「良き仲間であり、良きライバル」 
そんな温かい雰囲気です。

たくさん用意された料理はあっと言う間になくなり、
お客様同、時にはゲストを交えての映画談義が
会場のあちこちで始まります。

最後はやっぱり、実行委員長の挨拶。

Dsc018172

「湯布院映画祭は永遠に不滅です!」
という気持ちで第37回へと繋がっていけばいいなぁと思います。

あっと言う間の5日間でした。
来年も素敵な出会いを求めて、映画祭にお越しください。

2011-08-26

映画祭開催中!

初日から、たくさんのお客様にお越しいただきました。

P82602822

会場ロビーでは、かつてのゲストの方からいただいた
逸品のオークションをしています。

これは、
「シネマエール東北―東北に映画を届けよう!プロジェクト」に
賛同して行われているオークションで、売り上げは
被災地のみなさんに映画を届けるために使われます。

P826028023_2

衣類や台本、バックや花瓶などなど様々な逸品が並びます。

オークションの締切は、
28日(日)の12:00までとなっていますので、
気になる方はぜひ会場へお越しください♪

当日券も販売していますので、映画も観てくださいね。


P82602712


駅でも映画祭宣伝中~!

2011-08-25

湯布院映画祭前夜祭!

昨日は前夜祭!

朝から駅前の野外上映の準備や、
映画祭会場の準備でスタッフの方は大忙しでした。

P82402202_2

銀幕を枠に固定し、滑車で揚げます。

P82402292

由布岳を背景に映写機もスタンバイ。

P82402542

本当にたくさんのスタッフの方に支えられて
映画祭が出来ているんだなぁと実感します。

午後8時、いよいよ上映が始まりました。

P10509782

いつもの駅の風景とは違う、
野外上映の独特の雰囲気に包まれた会場は、
たくさんのお客様で埋め尽くされました。

本日初日です!

今年は新企画「朝イチ時代劇 斬る―斬る―」と題して、
眠気も吹っ飛ぶ時代劇を朝イチに上映いたします。

明日、2日目は、
昨年好評いただいた「湯平温泉シネマツアー」もあります。

昔懐かしいボンネットバスに乗って、
短編映画上映会に足を運んでみてはいかがでしょうか?

ボンネットバスは、17時20時湯布院公民館出発です☆

2011-08-24

アートホール9月展

今日から由布院駅アートホールの9月展が始まりました。

今月の展示は、大分市生まれの作家、
山崎哲一郎さんの作品展です。

「~いのちの残像~」と題され、化石を主題にした油絵の展示。

アートホールに一歩足を踏み入れると、
大きな作品に圧倒されます。

150号の油絵が正面に飾られています。

150号というと、縦227.3cm、横181.8cmのサイズ。
その作品が2枚も。

いつもよりアートホールが狭く感じました。

P82402002

↑PCのキーボードのキーを化石が食べるという印象的な作品。

8月下旬。
秋はまもなくですね。

芸術の秋!どうぞ、足をお運びください。

そして、今日から湯布院映画祭です☆
前夜祭は本日20時より由布院駅前にて。

今年も魅力的な日本映画が上映されます。
詳しいプログラム等は、湯布院映画HPでご覧ください♪
http://www.d-b.ne.jp/yufuin-c/

2011-08-19

爽やかな夏の日。

今日は雨予報でしたが、
朝から気持ち良く晴れました☆

夏休みももうすぐ終わりますね。

由布院は涼しい風が吹いています。

こんな日は、辻馬車に揺られて。

Dsc033772

の~んびり。

2011-08-17

盆地まつり・その2

毎年8月15日、16日の盆地まつりは、
供養盆踊り大会で終わります。

1年間で亡くなった町内の物故者の合同慰霊祭。

その後、しめやかに「庭入り」が行われ、
供養盆踊りが始まります。

Dsc036202

輪の中にいた小さな子どもも見よう見まねで踊っていました☆

Dsc036182

各地区ごとに揃いの浴衣。
約1000人ほどの踊り子が踊る姿は圧巻でした。

今年も、盆地まつりが終わりました。
少し淋しいですね。

お盆を過ぎると少し涼しくなる由布院です。

2011-08-16

盆地まつり・その1

17時半から城橋の三角州で源流太鼓の共演。

迫力あるパフォーマンスに魅了されました。

Dsc035332

源流太鼓、蝗攘祭、万灯籠火祭り、納涼花火大会と、
写真をたくさん撮って載せようと思っていたのですが。。。

源流太鼓を撮っていると、
突然デジカメの電源が落ちるハプニング!
その後、復活する事はありませんでした。

という事で、年に1回の盆地まつりなのに、
記録に残せず(泣)

陽が暮れ、揃いの法被・たすき掛け姿の男衆が
町の中を練り歩く蝗攘祭(虫追い行列)は迫力満点!

川沿いや田んぼの道沿いは万灯籠の火で幻想的に照らされ、
尺玉花火が31発も上がった納涼花火大会。

写真がないので伝わりづらくてすみません。。。
(来年はリベンジしたいと思います。)

今日は供養盆踊り大会があります。
お近くの方は、是非ご参加ください。

2011-08-15

由布院の夏。

13日の夜は、地区の盆踊りがありました。

Dsc035012

同じ由布院でも地区によって、「くどき」も「踊り」も違います。

小さな頃から行っていた地元の盆踊り。

昔と変わらない「くどき」に、自然と踊れる自分がいました(笑)
(しかも、くどきも若干覚えてるし。。。)

今日、明日と盆地まつりです♪

地元の方も、観光でいらっしゃった方も一緒に楽しみましょう☆

2011-08-12

週明けイベント情報☆

盆地まつりの準備が始まっています。

毎年8月15日に行われる「蝗攘祭(こうじょうさい)」は、
五穀豊穣を祈るお祭りです。

Dsc034452_2

町のあちこちに「実盛(さねもり)どん」が登場します。

Dsc034382

平実盛は平安時代に源平の戦いで敗れた平家方の武将です。

馬が稲につまずいたために源氏の兵に討たれてしまい、
その怨念が害虫となって稲を食い荒らしたという言い伝えから、
実盛の霊を慰め豊作を祈ります。

江戸時代頃から西日本を中心に
虫追いの行事が広まったそうです。

Dsc034502

由布院でも、勇壮な虫追いが見られます☆

納涼花火大会もあるので、ぜひお越しください♪