« 2008年5月 | メイン | 2008年7月 »

2008-06-28

雨ニモ負ケズ?

アイガモ農法でお米を作っている田んぼでは、まだ小さなアイガモ達が雨の中一生懸命にエサ採りに精をだしています。
その姿はとても愛くるしく、ついつい見入ってしまいます。
見かけたら優しく見守ってくださいね。
Dscf0012

2008-06-27

梅雨の青空はイイ!

久々に覗いた青空は一際キレイな色をしているように見えます。
色付いてきているあじさいに負けない程の鮮やかさですネ。
Dscf0004

2008-06-25

梅雨を吹き飛ばせ

町内「花の木通り商店街」では梅雨の雨もほどほどにと、てるてる坊主や傘の飾り付けが店頭に施されています。
こんな通りなら雨の日でも歩いてみると楽しいかもしれませんね。
Dscf0015

2008-06-22

雨に似合う花

あじさいの花が咲きつつあるこの頃です。
雨に濡れる姿が絵になるあじさいは、雨のお天気なんて気にしなくてもいいじゃないって語りかけてくれてるような気がします。
Dscf0008

2008-06-19

かくれんぼ

由布院のシンボルでもある由布岳は、この時期その美しい姿を雲に隠してしまうことがあります。
見つける?ことができるといいですね!
Dscf0004

2008-06-17

金鱗湖の菖蒲

金鱗湖のほとりに菖蒲の花がひっそり咲いています。
色鮮やかなアクセントとなり目を楽しませてくれています。
Dscf0002

2008-06-15

雨に映える緑

緑の美しいこの季節、雨に濡れた緑は輝きを増すように思えます。
梅雨の雨はうらめしいですが、雨ならではの風情も演出してくれます。
Dscf0002

2008-06-13

6月の朝霧

この時期には珍しく、由布院盆地が朝霧に包まれました。
しかも快晴のお天気。なかなか出会うことのない風景ですので皆様におすそわけしたいと思います。
梅雨時期だからといっていると損かもしれませんよ。
Dscf0012

2008-06-12

梅雨の間の青空

九州北部も梅雨入りしましたが、ひとまずお休みの青空が広がり爽やかな風が吹き抜けています。
由布岳の上には噴火?したような雲がかかっていますが、実は由布岳って火山だということをご存知でしたか?もちろん今すぐに噴火するような火山ではありませんのでご安心を。
Dscf0005

2008-06-10

梅雨時期ですが

雨が多いこの季節ですが、雨が降っていない日には自転車に乗ってちょっと足をのばしてみませんか?
その際は是非郊外へハンドルを向けてみてください。
あなただけの「ゆふいん」が見つかるかもしれませんよ。
Photo